育毛剤を使わないちょっと変わった若はげ対策

若はげになると、やはり周りの目が気になって「はずかしい」という気持ちが強くなるでしょう。

しかし、育毛剤などを買う勇気もない・・・なんて人におすすめなのが、いっそ髪型を変えてしまえ!っという方法です。

かなり強引ではありますが、意外とこれは有効な若はげ対策の1つです。

最近は若い男性の坊主もファッションとして認められていますし、下手に長髪の人よりも女性受けがいいので、もし育毛剤を使うことに抵抗を感じるのであれば、坊主やスポーツ刈りくらいの短髪にしてしまってはどうでしょう。

また、髪の毛をわざと頭皮に近い色にする・・・という方法もありますが、かなり奇抜な色になるのは間違いないので、そうした個性が認められる職場や学校に所属していない限りお勧めはしません。

若はげ対策に欠かせない正しいシャンプーの仕方

若はげを予防したり治したりするためには、頭皮環境を正常にすることが基本であり、そのためには毎日のシャンプーは欠かせません。

ただし、若いと頭皮の脂も多いため、きちんと洗髪しないといつまで経っても髪の毛は増えてきませんので、正しいシャンプーの使い方と洗髪方法を身につけましょう。

ポイントとしては、必要以上に泡立てる必要はないという点。

まずシャンプーを手に取って、手のひらでしっかり伸ばしてください。

その後頭全体につけていき、頭皮を揉むように洗うと頭皮の汚れや脂が取れやすくなります。

また、使うシャンプーも頭皮環境を改善しやすい育毛シャンプーを使うとより効果的です。

テレビCMでも流れている「スカルプシャンプー」はもちろん、最近ネットで評判な「ウーマシャンプー」などがお勧めなので、気になったものを使ってみてください。

ウーマシャンプーのレビューはこちら

出産が原因で若はげになることもある

よく女性に見られるのですが、出産したと同時に抜け毛の量が増えて「若はげになったかも・・・」と心配になる人がいます。

実はこれ妊娠や出産による女性ホルモンのバランスが崩れた際に起こる生理現象の1つなのですので、そこまで気に病む必要はありません。

特に産後2~3ヶ月の間は上記理由で髪の毛が抜けやすくなりますので、こうしたことを知識として知っておくだけでも精神的なストレスを緩和できます。

ただし、ある程度時間が経っても抜け毛が減らなかったり髪の毛が増えなかったりするのであれば、産婦人科や皮膚科に行って診察を受けたほうが良いかもしれません。

若はげ対策を実践する前に知っておくべきこと

急に髪の毛が薄くなったりして若はげと感じたら、早急に対策を打つ必要があります。

ただその前に、自分の頭皮や髪の毛がどのような状態でどんな風に若はげが進行しているかを正しく知らなければ、下手をするとより一層はげの進行が進んでしまう可能性があります。

例えば、はげの進行が頭のてっぺん(頭頂部)からなのか、それともおでこ(前頭部)かならなのか?

実はこれによっても対策の仕方や推奨する育毛剤が変わってきたりするのです。

頭頂部から進行しているのであれば「チャップアップ」などの育毛剤を使った方が効果を実感しやすいですし、反対に前頭部から進行しているのであれば「プランテル」という育毛剤の方が効き目を感じやすいでしょう。

チャップアップに関するレビュー
プランテルに関するレビュー

髪の毛が薄くなって焦る気持ちは分かりますが、すぐに髪の毛が復活するわけではありませんので、あせらずじっくり、そして確実に対策を実践していきましょう。

“病気”が原因で若はげになる可能性について

実は髪の毛が生えないのは「病気」が原因・・・という人も中にはいます。

特に円形脱毛症は、年齢に関係なく起こるため、若い人でも十分可能性はあります。

現在の科学では、円形脱毛症の原因は特定されていませんが、ストレスやアレルギー症状の1種というが一般的な見解です。

ただ、円形脱毛症の場合はそのまま放置しておいても治る場合があるので、目立たない程度のものであれば、特に気にする必要はありませんし、外出する際に帽子等をかぶれば他の人に気づかれることもないでしょう。

しかし、いつまで経っても生えてこなかったり、円形が広かったりと、程度を見て心配に思う人は、一度皮膚科に行って診察をしてもらうことをお勧めします。

若はげの原因にもなる血行不良になる理由

若はげになる人の多くのは、血行不良である傾向があります。

血行不良が起こると、血液によって運ばれる栄養が頭皮に運ばれにくくなるため、頭皮が髪の毛が生えにくい環境になってしまうのです。

ではどのような人が血行不良になりやすいのか?

主に言われているのが

・ストレスを溜めている人
・喫煙している費値
・運動不足の人

などです。

分かりやすく言うと、不健康な生活をしていると血行不良に陥りやすくなりますので、若はげ予防のためにもなるべく健康的な生活を送るよう心掛けましょう。

30歳までに薄毛になると「若はげ」の可能性あり

「若はげ」と言われていても、実はしっかりと定義があるわけではありません。

髪の毛が薄くなる人でも、薄くなり始めるのにも多少個人差がありますし、はげの原因も遺伝なのか、生活習慣なのか、病気なのかは人によって異なります。

とはいえ、一般的には30歳までに薄毛になった場合は「若はげ」と言われいます。

また、10代や20代のうちから抜け毛が激しかったり髪の毛が生えてこなかったりすると、若はげの可能性は高くなりますので、気になる人は早め早めの対策や予防を心掛けるようにしましょう。

若はげの原因と栄養との相関性について

過度な食事制限をすると髪の毛が抜ける量が多くなった・・・なんて経験をした人はいませんか?

実は毎日摂取する栄養が不足すると髪の毛が抜けやすくなる傾向があり、若はげになる可能性が高くなってしまうのです。

そもそも髪の毛は人間の体の一部であり、当然栄養を使って生えたり伸びたりしていきます。

その栄養が不足すると、髪の毛が生えるのに必要な栄養が不足することになるため、自然と抜ける量よりも生える量が少なくなり、若はげになっていくのです。

また、毎日摂る栄養が偏っても若はげになってしまいますので、不摂生なダイエットや偏った食生活は控えるようにしましょう。

頭皮に負担をかけると若はげの原因となる

若はげになる原因としては頭皮に必要以上の負担をかけていることが挙げられます。

「頭皮への負担」と聞くと帽子をかぶって・・・とかをイメージする人がいるかもしれませんが、実は普段の生活の中でも我々は無意識に頭皮に負担をかけているのです。

例えば

・シャンプーによる刺激
・洗髪による洗い流し忘れ
・紫外線を浴びる
・カラーやパーマなどのヘアスタイルの変更

など。

もちろん、これらが直に若はげの原因ということではないですが、こうした負担が蓄積していくと若はげになる可能性は高くなります。

そうならないためにも、きちんと頭皮をケアしたり負担を軽減するような対策を日頃から取りましょう。